こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
望くんの南シナ海クルージング
こんにちは!
ドクターストップのメンバーのピンチヒッターとして、熱海の名艇「ラッキーレディ察廚
南シナ海クルージングに乗船しています。
トランスパックキャンペーン終了後、2カ月のインターバルでまた出発となり、申し訳
ありませんが留守いたします。
 11月1日夜に熱海に集合して、2日1330に出港しました。小笠原父島二見港に5日
1615に入港しました。整備と修理、買い出し終えて本日8日0900にパラオへ向けて
出港いたします。一週間〜10日の予定で1276nmを走ります。(途中ヤップ島に寄港
する場合もあり) その後寄港地セブ島から12月下旬に一時帰国します。
 
 航海中のインターネットでの位置情報確認は下記の通りです。是非下記サイトにアクセスしてご覧なってください。
■現在地情報(オスプレイ) 
  URL     : http://emsviewpoint.com
  User name:    問い合わせ先 → webmaster@koaziroyc.jp
    Pass word :          同上
  一日3回(8時間ごと)現在位置が表示されます。
    以上です。
 
〓〓〓Nozomu Ito〓〓〓
SP東京無事帰港
 本日16時、SP東京は全員元気で無事小網代に帰港したそうです。
サポート・ご声援、有難うございました、とのことでした。
**氏家**
SPTokyo 八丈に到着!
 お早ようございます、氏家です。
大谷さん同乗のスピリットオブ東京が、1日遅れで今朝、八丈島に
無事到着しました(^_^)!先ほど大谷さんから連絡ありましたので
お知らせします。
昨日は強い黒潮の北流に阻まれ、燃料切れを懸念して一旦、三宅島
の阿古に入りましたが、夕刻再び出航、今朝、無事到着したとのこ
とです。
ただ、残念ながら現地も雨、それも土砂降りだそうで…まあ、雨の
八丈島も良きかなと思います。
良かった!
氏家より

Mon,  6 Aug 2012 10:47:11
油壺にて
 低気圧の暴風と高波のせいで、新島港では散々(もやい2本切断!あの港はやば
いです)、三宅島に行ったものの天気が良いのはどうやら1日だけとの予報で、
油壺に帰って来ました。今日は小康を保つようなので、埋め合わせに保田にでも
行こうかという話をしています(^_^;)。
氏家

油壺へ
 1730油壺帰港しました。
**氏家**

油壺へ
 0815油壺に向け、三宅阿古港を出航しました。
良い天気でたっぷり遊べたのはどうやら昨日のみ。
天気は下り坂。下田に寄ってアナゴを食べたい、と話したものの帰りが
悪天候のまのぼりになりそうなので断念、直帰します(^_^;)。
全員すこぶる元気。
ちょっと飲み足りない。
**氏家**

三宅へ
 0815三宅に向け出航しました。一昨日から昨日にかけては、
いやはや凄かった(^_^;)。
台風並みの暴風雨、夜中にもやいが2本切断。2本目は切れる
ところを見ました。
今日は天気晴朗、波穏やかです。
**氏家**


UFO
 1430新島港に到着。巨大なうねりとあがる一方の風のため難航、
三宅島行きを断念。様子を見て明日以降の予定を決めます。
当初の目的地は、三宅、式根島、新島でした。
**氏家**


UFO出航
 0400予定通りUFO出航しました。
今年は縮小版、一週間の伊豆諸島の旅です。

天気も予報通り北北東の真追っ手、ただし微風。
船長命令で積み込んだスピンは活躍するか微妙。
バウマン練習生、密かに安堵。一面の雲、海も灰色です。
**氏家**



乗り合い艦隊を追って八丈島へ
東海汽船のかめりあ丸は彷徨える旅人を乗せて24日2220竹芝桟橋を離れた。
2330消灯、殆ど揺れずエンジン音のみ聞こえる船室に線引きされた一畳弱の
指定スペースが今夜の寝床、リクライニング椅子席も選択可、寝具は100円
の貸し毛布とサービス枕。
翌朝0450三宅島三池港、0600御蔵島に乗客とコンテナ、郵便物等を降ろす、
船速17ノット前後での定時運行だ。御蔵島を離れた直後大野さんより八丈島
神湊港へ一番乗りしたとの電話あり、予定より早くスピード違反?の疑い濃
厚。
かめりあ丸が八丈島底土港に着く0920頃には八丈、オリビア共に着いている
でしょうね。
艦隊への合流が間近となる。

三枚の写真は

1.黒々とした熔岩が迎える三宅島三池港下船風景、


2.条件付寄港地御蔵島に運良く寄れた、


3.かめりあ丸での朝食は自販機がシェフ代わり




(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.