こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Fw:オリビア八丈クルーズ報告
8月2日
晴れ、南の風。強烈な日差しと湿度、ネットリした潮の匂い、やはり東京都内の亜熱帯。神湊港内は先着ヨットが2杯。油壷のGALLEONと地元の船。八丈のヨット全2杯のうちの1杯だそう。明日は毎年恒例8月第1日曜の海祭りで、港に1200人が集まり体験乗船等を楽しむという。小さな港内にそんなに詰めたら身動きしただけで人が海にこぼれると思うが、のべ人数か。GALLEONは協力艇だそう。ハーバーマスターが「できたらご協力を」とのことだったが予定が詰まっていて期待に沿えず。
イベント役員に市場で魚を買いたいが、と相談したら、魚?魚なんか釣れば良いよ、昼飯までにいくらでも釣れるぞ、という。長旅の後で自給自足のガッツがなく、自家用車をお借りして「八丈ストア」で買い出し。大きなスーパーで何でも揃う。地魚なら「あそこ寿司」だ、あそこは旨いよ!とのご推薦だったが、今夜は甲野さん特製ちらし寿司なので試せず。
漁協に氷を買いに行ったら、スーツケース程もある板氷が単位で、事務所の青年は弁当の箸を握ったまま「うーん」と思案。結局、割れた端氷を貰って帰る。
神湊から出るバスは便利だが2時間に1本。2日間バス乗り放題・温泉3ヶ所入り放題千円也のパスを車内で買って「ふれあいの湯」へ。
車内で、白髪の上品なご婦人が甲野さんに親しげに話しかける。どうやら人違い。昔、大学教授になって島を離れた友達が、「あらっ!帰っていらしたんだわ、と思って」とのこと。話が弾んで、ご婦人は「あなた、ここで降りるんじゃなかったの?」と人に言われ、慌てて降りて行った。甲野氏、ご満悦。気合いが入り、夜のお手製ちらし寿司は寿司酢もきいて絶品だった。「福神漬けの二の舞にならないように紅生姜は自分で買ったし」とのコメントつき。ずっと言われそう。
夕方から長岡さんが合流。夜は風が出て肌寒い程で、キャビンは快適な寝心地。

写真1:天日干し中、難民船状態


写真2:神湊港内、岸壁でイベント準備中


写真3:散歩中。甲野さんの耳のハイビスカスに、出会いの予感が



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1166647
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.