こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Fw:オリビア八丈クルーズ報告
8月3日 (後編)
午後は南西岸の中之郷漁港に寄り、急坂を上がって5分の「やすらぎの湯」に昨日のフリーパスで入る。女湯の洗い場の窓の外がすぐ道路、通行人と目があってびっくり。
中之郷は既に漁港としては機能していない小さな港。そそり立つ岩肌の日影に翡翠色の水のスロープがある美しい場所。秘密の港、という雰囲気だが外海のうねりがもろに入り、長時間の係留は不安。惜しい!港の目印は、向かって左の崖の上から海になだれ落ちる川。
帰りは、島最南端で見渡す限り鳴門の渦潮のように海が沸き立つ潮目につかまり、4ノット超の逆潮でいつまでたっても南端を回れず。ここでついに日が暮れた。18時過ぎ。密かに不安。ダイビングから戻った長岡さんから電話。いま八丈島最南端、と言ったら、ああ、バス?レンタカー?と平和な反応。いいや、船だよ、と答える。「なに〜!じゃ神湊戻りは20時過ぎじゃない」。同情が買えるつもりで、ウン、と言ったら、「バーベキューはその後かぁ、腹減ってるのにな」。ちぇ、こっちだって同じでぃ、と返しつつ、船上組は仕方なくビール飲んでプラムをかじる。
南端を回りきったら、きつい逆潮から漸く解放。サーチライトと夜間航海の完全装備で19:30神湊に帰港。
長岡さんと落合い、昼間の暑熱でお尻の下が暖かい岸壁でバーベキュー。
なお、神湊と八重根近辺では、ソフトバンクの携帯は不通。ドコモは終始快調。

写真1:中之郷漁港


写真2:同港岸壁。うねりのため、漁船は岸から放してもやってある




コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1167897
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.