こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Fw:オリビア八丈クルーズ報告
8月4日
晴れ、引き続き南風。南に低気圧が発生したが、大したことはないもよう。
今日の目的地、三宅の阿古港は入り方が難しい。どう間違っても日没前に入れるよう4時に出航。追っ手で機帆走、ほぼ真北へ。
海上にガスがかかり、八丈島がすぐに見えなくなる。御蔵も三宅も、岩肌が見える距離になって忽然と現れたが、上半分は靄の中。晴れなのに異様。
15:30阿古入港。昔、入港時は事故続発だったらしいが波消しブロックのお陰か、水上に突き出た溶岩も難なくクリア。漁協で氷塊17kgを買った、計り売り1700円。
一泊でお世話になる民宿「共栄荘」04994-5-0660の若いあるじ・山田さんに電話、車でピックアップを依頼。ヨットなら北から来ると思っていたら、南から来たのでびっくりした、八丈まで行くなんて根性あるなぁ、と言われこそばゆい。まだ亜硫酸ガスが流れているのでガスマスク購入必須と聞いていたが、特に必要ではないらしい。
洗濯機を洗剤ごとお借りして全員洗濯。ついでに車も借りて(有料)島内見物。
まだ時折硫黄の匂いがし、立枯れた木々は紙の様に真っ白で骸骨の林を見ている気分。
島唯一のバスの行先表示は全て「路線バス」。あ、違う行先のバスが来る、と思ったら「回送」だった。
食料飲料は少し歩くが商店がいくつかある。
食事は、主人の山田さんともう一組の若者達と同席、なかなか愉快。

写真1:引き釣りで釣れたシイラ、途中スッと軽くなり気配が消えた。5ノットで併走していたらしい。ホイル焼きになった。


写真2:野鳥の名所、黄昏どきの大路池(たいろういけ)


写真3:立枯れた木々。「売地」と看板が出ていた



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1168590
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.