こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
[UFO-2012-AMAMI :120] UFOクルージング短信
【5/29】0540串本港出航。6時出航予定だったが、準備が整ったので早めの出航となった。 
晴れ、弱い北東の風、波穏やか。行き先は鳥羽の今浦泊地、約83マイル。 
和の達人平川シェフが降りたので洋の達人横山シェフの出番になった。昨日までの朝定に変わりアメリカンスタイルのブレックファースト。 
0840頃那智勝浦沖通過。1ノット前後の逆潮があり対地速度が伸びない。 1330この速度で行くと鳥羽到着は夜遅くなるため、距離的に近い五カ所湾に行き先を変更し、転針した。 15時頃北西の空が暗くなり、雷鳴が聞こえてきた。荒天に備えセールをフルメインから2ポイントに縮帆する。 10分もしないうちに雨が降り出し一時土砂降りの雨、雷光が走る。風は南からの追い風になり、雨で視界も悪くなった。突然のワイルドジャイブがあって、反転してきたシートに挟まれ若井さんが膝を打撲した。雨は一時止んだが五カ所湾入り口でまた激しくなり、陸がほとんど見えないままGPS頼りで1807五カ所湾に入った。深い湾内を進むうちに雨も小止みになりあたりも見えてきた。 
1900薄明かりの残る中、海遊人マリーナ(南勢マリーナ)のポンツーンに到着。マリーナオーナーの菅井さんが桟橋で待っていて係留場所を案内してくれた。 
予定通り若井さんはここで下りる。膝の腫れが痛々しいが歩くのには差し支えないらしい。UFOの氷室の冷媒を一つ持って冷やしながら帰るという。タクシーを呼んで最寄りの駅へ。時間的に今日中に東京に帰れるかどうか心配だ。 到着後、早速菅井さんを交えて宴会が始まった。艇内で夕食。今夜は鳥羽の魚月旅館で夕食の予定であったが、代わって横山シェフによる本格ビーフステーキの晩餐となった。 明日は下田までのオーバーナイト航海。午後出航予定なのでゆっくり朝寝坊できる。 
  
写真1:串本の橋杭岩     海側から眺めると陸にとけこんでしまい橋杭には見えない 


写真2:五カ所湾でのスナップ 嵐の中を走りきって無事五カ所湾に入り、ほっとしてマリーナへ向かっているところ 


写真3:菅井さんを交えてのヨット談義
     左から、大谷、菅井さん、川島さん、横山さん 


写真4:夕食     スープと野菜サラダにビーフステーキ     皿は洗う量を少なくするため、なるべくラップをかけて使っている。  




 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1629761
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.