こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
[ufo2013cruising :20] ufo2013Cruising_6 月 4 日
 【6/4】【U】
今日も晴れ、日差しが強いが風は爽やか。今日の航程は戸田まで北上する
20マイルちょっと、3〜4時間と短いので遅く起床、8時頃からゆっくり朝御飯。
メニューは昨日仕込んでおいた鯖(煮付けと味噌煮)、鯵の南蛮漬け、たっぷ
りのレタスとトマト、全て頂き物。なお南蛮漬けは、昨夜の「今津屋」から。飲み
残しの焼酎ボトルを持ち帰ろうとしたら、瓶は再利用するので返して欲しいそう
で、瓶を返し、ペットボトルに詰め替えた焼酎とおまけの南蛮漬けをもらって来
た。酒蔵から樽で買い、瓶に詰め替えているのだとか。
0850出航、海岸線の奇岩・巨岩を眺めながら北へ。風弱く波もなくオートパ
イロットで快適な航海。川島船長は記憶を頼りに双眼鏡で神社を探すが、見
つからず。安産祈願の変わった神社で、海から参拝できるという。御神体は岩
に女性器の形を刻んだものだそうで、皆に是非見せたい、と頑張っていたが
かなわず。船長、諦めきれず、しばらく粘ったが結局ギブアップ、肩を落として
双眼鏡を置き、「安産のご利益があるんだけどね〜」。女性達はあっさり一蹴
「もういりません」。大谷さんは「場所を海図に書いておいたらどうですか」と助言。
途中、小型の水鳥の群れが針路上に浮いており、なかなか逃げないので皆で
気をもむ。あと2艇身、1艇身、まだ逃げない。人ごとながら心配だ。泳いで遠
ざかる者もあるが居残りの数のが多い。「轢いてしまう!?」と思った時、次々と
鮮やかに身を翻し潜水して行った。彼らには、飛ぶより潜る方が楽らしい。
1230順調に戸田に入港。入口がすぼまった丸い港内、山が迫る景観は子浦
と似ているがかなり広く、こちらは開けて建物や商業施設が多い。日差しは強
いのに風が涼しく、素晴らしい天気。日除けを張ると、デッキは快適至極。
冷えたビールに、子鯖の残りやアスパラをデッキで焼き、つまみで昼食を兼用。
悪くなりかけた食材処分で、アボカドとマンゴーに生ハムの豪華デザート。
岩田さん・鈴木さんがシェフの優秀な助手となり、食材の在庫管理をしてくれる
ので無駄がない。横山シェフにこにこ。
町には温泉銭湯があるが、今日は運悪く休みだそう。しかし尋ねた人が運良く
旅館「山市」のおかみさんで、「ウチに入りにいらしたら」。檜風呂に入れて頂け
ることになった。残念ながらここで下船する氏家はタクシーを呼び、入浴隊と
ハグしてお別れ。2時間に1本のバスで、新緑の山道を修善寺まで1時間、
三島に出て新幹線で20時には帰宅、ものの3時間半で娑婆に舞い戻った。


写真1 快適な航海でビールがすすむ


写真2 諦めきれず神社を探し疲れた船長と、残念がっていない女性陣


写真3 日除けの下で昼下がりの一杯、つまみで満腹


写真4 釣人に借りたこの自転車で商店へ買出し。
        皆で使っている共有自転車だとか。但し「ブレーキが利かんかも知れん
        けど」。何とか利きました。


**氏家**


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1629791
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.