こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
[ufo2013cruising :35] 6/8 S
6/8 S 
今日はホームポートの油壺へ30NM走るだけだが、クルージング中の習慣で
5時前に目が覚める。 朝食は、お昼分を残して全食材を使い切るドキドキの
闇鍋メニュー、朝から楽しい艇上だ。
 07:30 2泊した野増港を出航。 赤灯のある岸壁下のテトラポットと、右岸
250m先に僅かに見える小さな岸壁を結ぶ線の内側は 海底が見える。しかし
野増で得た新情報ーここに台風で流された3ツのテトラが沈んでいるー 様子
は確認出来ず。 潮位は、バースを這い出す前に老眼をこすりながら見た
iPhoneで、DEPTHチェックをしつつ入港 した時と殆ど同じと分かっているが、
私にとっては初めての野増、出港時もやはりフォアデッ キのワッチは気が抜
けない。
 08:10 期待の南は吹かず上りの機帆走、苦い思い出ばかりが蘇る風早を
かわす。 
09:10 本船航路の真っ只中、濃紺が美しいクラシカルで優雅な客船・日本丸
とすれ違う。 
10:00 ワッチオフ。日差しは強いが北の乾いた風が心地良く、デッキを観察。
 ・岩田さん:どうやら最後まで銀行強盗スタイルを貫く様子。
 ・三好さん:時折首を傾げて右斜め上空を見やっては、取り出した手帳に何や
  ら書き込んでい る模様・・・。後ろから覗き見するが近視の老眼にはミミズ解読
  不能(ごめんなさい!)。三好 さん、一体何を書かれていたのですか?
 ・横山さん:昨晩(も)かなりのピッチで飲んでいたせいかバースで小休止。
 ・川島さん:これ以上陽に焼けるのは嫌だとチャートテーブルが定位置で船酔い
  とは無縁の 川島さん、ニヤリとしながら「皆さん、ビールなど如何ですか?」と、
  既に手にしたビール を持ってデッキに出て来る。 (すると横山さん登場。どう
  やら横山さんはアルコールを関知する耳をお持ちのようだ。) 
 ・大谷さん:下を向いている時は携帯で短信を発信する為の元原稿か、はたまた
  GF?!への メールを作成中の事が多かったが、やはり空いている手にビール
  姿、がお似合いだ。 
 ・鈴木:やっぱりYEBISは美味しい、と呟くのが日課となる。 
11:30 南西ブイを通過、ケロニアバースにUFOをつけてみる事になり小網代湾
を目差す。 
12:00 小網代ブイ付近で、赤シャツに黒パン、頭をタオルで巻いたチョイ悪風の
海賊がバウ から手を振るヨットを発見。 よく見るとそれは「かまくら」の平賀さんで、
尾山さん、松尾さんとUFOを出迎えて下さる。 嬉しい。 
12:30 ケロニアのバースでクルージング最後の昼食を終え油壺へ向かう筈だっ
たが、その 前に「かまくら」メンバーがテンダーで訪ねて来られ、ここでまた1杯、
2杯・・・と始まる。 (この時近づくテンダーを見て「かまくらの襲撃だ、だから言わん
こっちゃない」と誰かが 言ったとか・・・) この続きは小網代ハウスで行う事になり
ケロニアバースを離れると、自艇を回航し小網代に 戻って来た氏家さん(4日目
戸田で下船)とすれ違いニコニコ顔でおかえりなさいと声をか けて貰う。 
15:40 ホームポート三崎マリンのポンツーンに舫いを取り、後片付けをして17
時前にUFOを 上架。 油壺に行けばいつもUFOがいると長い間信じて疑わなか
ったが、それもあと少しだ。 その後用事で帰宅された三好さん以外は小網代ハ
ウスに宿泊する事になり、小網代メンバー の皆さんと楽しい晩餐会を過ごした
のは言うまでもない。 その頃、短信で予定より早帰りになったと知った息子から
「友達が来ているから早く帰って きたら困る」とメール有。・・むむ? 
 最後に、UFOの最後のクルージングに参加させて頂いて無事に帰港。 川島さん、
今回のメンバーとバックアップして下さった皆さま、そして「UFO」に感謝しつつ 
このレポートを終わります。 
S:鈴木記

かまくら兇里迎え

ケロニアバースで昼食

三崎マリンのポンツーン着

UFOのハル


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1629803
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.