こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
5月30日(水)のログ
航海日誌



              日付:5月30日(水)  天候(霧から曇天) 風向(南) 風
速:2〜8m/s

              うねり:0から1m

              参加者:佐々木、伊藤、浦野、望月の4名

              出港:相馬        出港時間    6:30

              入港:鮎川        入港時間   13:30



ログ

 本日は、次の目的地鮎川まで比較的短い距離のため出港時間を遅くした。

そのため朝食と、トイレに時間を割くことができた。池内さんも一緒に朝食を

とることができ楽しい時間を過ごした。

 出港直後は、風も弱く、港外にでると視程50mほどの霧だった。AISを

活用して本船の動向を把握するが本船の数が少なくほとんど問題にはならなかった。

AISで本船の情報の把握を行い。オートパイロットのリモートコントローラで

塵や浮いている木を避けながら進行した。9時頃まで霧だったが、その後視界が良く
なり

曇天にかわった。鮎川に近づきにつれて風とうねりが強くなり、追っ手の風と

うねりで船がローリングするようになった。鮎川直前では島と島の間を通り抜ける

コース設定だったが暗岩がそこかしこにあるコースだったことを思いだし、難所を

通り抜ける前にセールを降ろし、手操船で難所を通り抜けた。あとは鮎川港に入港直
前の

網やいけすを避けて鮎川港に入港した。入港後繋留できる桟橋を探したが適当な桟橋
が

無いので、金華山向けの海上タクシーの横に止めたらそこは駄目と言われ、漁協に確
認

海上タクシー野都合で言っているとだけだよ言われ。荷揚げ桟橋に停泊させて頂きま
した。

最後の泊地に落ち着いたのは14時になっていた。漁協の責任者に浦野さんが捕ま
り、

その後望月が捕まり、ここら辺の話を聞くことができました。震災は皆さんの人生に
すごい

影響を与えていることを今更ながら理解した一日と成りました。

 水が無くなり、漁協で水をもらい水タンクを満杯にして明日に備えました。

以上
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2.koaziroyc.jp/trackback/1629813
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.