こあじろブログ!!

♪〜Take me out to the Sailing ! 〜
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Fw:訂正
写真1の説明で「玉」とあるのは「卵」の誤りです(^^;

・・・
Fw:オリビア八丈クルーズ報告
8月1日
晴れ、東の風、新月の大潮、朝夕6時頃満潮、正午干潮。
安東、氏家、神岡、甲野、吉川の5人乗組で6時15分出航。
まずは波浮に向けて198度で機帆走。次第に風が上がり南に振れて、エンジンを切り帆走、快速7ノット。西の潮流のため常に5度ほど東を目指す。昼前、波浮沖を通過。極めて順調。励ましの電話を次々貰う。感謝。
次の目標は三宅島のサタドー岬、針路175度。新島沖あたりから海の色に緑が入り、明るいターコイズブルー。三宅の手前で、本船が次々目の前を横切る幹線水路を横断。フィリピン辺りの外国向けか。この辺から、0.5〜1ノットの逆潮。それまで追潮で常に6ノット近辺出ていたのが、2000回転で4ノット程に落ちる。今までかなり早めだし、早過ぎると夜明け前に神湊入港となるので、このままゆっくり行くことにする。
20:15、サタドー岬正横通過。御蔵島をかわす頃、再び追潮、2ノット程下駄を履いて速度6ノット。
気がつくと、星空。月がないのに全天を覆う星屑で頭上が明るい。水面には星空の反射と螢のような夜光虫。セールの影だけが三角形の闇。東の水平線に遠く併走する本船が1つ、他は360度船影なし。南に八丈の灯台の光芒。
3時間サイクルのワッチが2回ほど回った頃、灯台の明りが直接届く位置に到達。東の空が明るくなる。八丈と八丈小島のシルエットがくっきり。何となく全員起き出して神湊沖で記念撮影。黒潮は八丈の南を蛇行していて、遂に出会わずじまい。予定ドンピシャ、8時10分に神湊入港。
波は穏やか、風は南で終始安定し、素晴らしく平和な航海だった。

写真1:赤白灯台にて龍神様に玉のお供えをして安全祈願。


写真2:御蔵島〜八丈間で朝日。


写真3:神湊沖にて


写真4:左の二山が八丈本島、右のトンガリ山が八丈小島。



Fw:オリビア八丈クルーズ報告〜試験
7月31日
オリビア氏家です。明日からお送りする八丈クルーズ・レポートのテストを兼ねて報告します。
晴れ、南西の微風、真昼でも30度にならない涼しい1日。15時に集合し、給油・給水を済ませ2日分の食材を調達。平日の小網代の町は人影もなく眠ったよう。いきなり26時間かけて八丈に直行するので、買い忘れは致命的。とみんなで言いつつ、カレー用福神漬けとラッキョウを買い忘れた。甲野さん、えらく落胆。コクピットでジンライムをなめなめ「福神漬けのないカレーなんて」とぼやく。それを除けば概ね順調。シーボの軽油がリッター208円と聞いて目の玉が飛び出た。
明け方襲来する蚊の大群に備え、蚊取り線香を盛大に炊き、ハッチに網戸を立てて11時に消灯。

写真:福神漬けを忘れた買出し風景。




氏家さん八丈行きの胸中を語る
八丈行きを決めたきっかけは、シーボニアの古株、超ベテランの甲野氏のひとことです。
私が4月に参加したUFOの韓国遠征が面白かった、という話をしたら、せっかく三浦半島にいるのだから、
韓国クルーズの話をする前に八丈に行くべし、との仰せです。
彼は過去7回八丈に行った経験があり、前回は5年前でご無沙汰なのでまた是非行きたい、三宅を過ぎると
黒潮が川のように流れて段差ができる、正真正銘の外洋の凄さを見ておくべきだ、行くなら俺がナビゲート
してやる、とのたまいます。
チャンス到来です。

それで調査を始めると、八丈は実際に行った人が意外に少なく、実体験に基づく情報は少ないことがわかり
ました。「無謀だ」と言う人に理由を聞くと、三宅までならいざ知らず、八丈までの間は避難港が何もない
からとのこと。
ご存知のように八丈までは約130マイル、三宅がちょうど中間地点です。

考えるに、台風はやってくるのに2-3日はかかるものです。
今回はいきなり26時間かけてまっすぐ八丈に行く計画で、出航時の天気図さえ良好なら、台風につかまる
可能性があるのは旅の後半、三宅の手前です。それなら何とかなる、という判断であります。八丈直行の
スケジュールの理由は、まさにココです。
オリビアは最近でこそ不活性ですが古参が多く、危ないクルーは初日に船酔いする習慣がある私くらい、
それも基礎体力と精神力なら自信ありです。

2日動いて、のりしろとして1日休むサイクルとし、時期も、荒れやすいお盆休みではなく、梅雨明け直後の
晴天を狙うつもりで8/1からの一週間を選びましたが、梅雨明けが早かったので、実は気をもんでいる
最中です (^_^;)。

かようなわけで、行くこととなりました。
無論、お天気が怪しいとなればまだ中止もあり得ますが、8/1早朝出航の予定です。
何かご教示頂ける関連情報がありましたら、よろず歓迎いたします。
どうぞ気が向いた時は、遥か南の海上にエールを送ってやって下さいまし m(_ _)m
行ってきます!

氏家理央 / Rio Ujiie
===============================

氏家さん、オリビアへのエールは以下のアドレスへお願いします
olivia-uw@ml.koaziroyc.jp


氏家さんがオリビアで八丈へ
航程表(案)を入手しましたので発表します
8月1日(金)6:00 小網代出航
  2日(土)8:00 八丈島・神湊到着
  3日(日)     八丈一周
  4日(月)     三宅島・阿古へ
  5日(火)     新島・若郷へ
  6日(水)     新島の民宿に滞在
  7日(木)     大島・野増へ
  8日(金)7:00大島・野増発/13:00小網代帰着
全航程268マイル、予定平均速度5ノット
メンバー:吉川、氏家、神岡、長岡、秋葉、甲野、安藤

今日のオリビア@小網代泊地





(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.